CAMSの最高点保持者である大西拓磨さんが、孫正義育英財団の審査に合格

最終更新: 8月22日

当機構の知能検査CAMSでこれまでの最高スコアであるIQ168.0sd15を記録された大西拓磨さん(21歳)が、孫正義育英財団の審査に合格され、めでたく同財団の4期の「準財団生」に採択されました。


審査が厳しく、超難関と言われている同財団でも、当機構のCAMS検査の信頼性が認められたものと思われ、大変嬉しく思っております。


同財団には日本中の選りすぐられた天才や奇才が集まっていますが、大西さんがこの人達とも大いに交流され、何か思いもかけぬ様な新しいものを生み出してくれることを期待しています。



 (写真は左から大西拓磨さん、松本代表理事、幸田理事)

1,742回の閲覧

©2020 一般財団法人高IQ者認定支援機構

  • Facebook
  • Twitterの社会のアイコン